借地底地権調整

借地・底地の問題解決

owner008
借地のトラブルのポイントは、円満解決に向けて取り組んで頂けるコンサル業者選びが大切だと思います。殊に、法律や節税問題は大切な話ですが、地主・借地人は共に当社を介して行く事で、双方の理解が深まることを願います。

また、裁判というものはお互いに嫌な思いを残しますので、お勧めはできません。皆さんの納得のいくご提案さえできれば、解決のできないものはありません。

借地・底地の問題解決業務例

「底地」…借地権の付いた土地の所有権をいう。
「借地権」…建物所有を目的とした土地を借りる権利をいう。

  • 底地の管理の問題
  • 借地権の売却問題
  • 底地の売却問題
  • 底地と借地権の等価交換の問題
  • 借地権の譲渡問題
  • 底地に借地人の土地有効活用
  • 地主と借地人との土地有効活用
  • 借地料の問題
  • 更新料の問題
  • 承諾料の問題
  • 建替えの問題
  • 借地契約内容の問題
  • 新たな借地契約の問題
  • 共有名義の問題
  • 相続と借地問題
  • 遺産分割と借地問題

複雑化した不動産問題からトラブルとなっている問題のご相談になります。まずは、個別無料相談をご利用下さい。

借地・底地の問題解決までの流れ

  • 1,無料相談
  • 2,面談(底地・借地の諸事情をヒアリング)
  • 3,見積書の提出
  • 4,業務委託契約の締結
  • 5,調査・分析
  • 6,企画提案書の提出
  • 7,特殊な業務(権利調整等)は不動産コンサルティング業務としてお見積りをいたします。
  • 8,権利調整・交渉解決(各士業との連携による)

以上で完了

※本流れは標準的な物件のパターンです。ご依頼内容により多少異なります。
※相談無料(専門的なご相談で有料業務が生ずるときは、事前に見積り金額を提示します)、お気軽にご相談ください。

メールてお問合せ

メール(フォーム)よりお問合せをお送り頂くと自動で控えのメールを返信させて頂きます。控えのメールが届かない場合はメールが送信出来ていない可能性があり、控えのメールが届かない場合はお電話にてご連絡頂けると幸いです。

携帯電話のメールアドレスをご利用の場合、控えのメール及び、後日担当からのメールが届かない場合が有ります。予め携帯電話の設定で「takashimaya-f.co.jp」からのメールが受信出来るように設定をお願いいたします。

携帯電話各社指定受信方法

リンク先をクリックすると、別ページもしくはタブにて開きます。

お問合せフォーム

お名前 (必須)

記入例:高島屋 太郎

メールアドレス (必須)

記入例:takashimaya@example.com
半角英数にてご記入ください。

電話番号

記入例:03−3379−8171
お急ぎの方は電話番号をご記入頂ければ電話にてご連絡させて頂きます。

メッセージ本文

確認画面は表示されません。 上記内容にて送信いたします。よろしければチェックを入れてください。メール送信後控えのメールが自動返信されます。控えのメールをご確認下さい。