不動産測量

土地の売買・建物を建てる為に測量は不可欠

状況測量

owner009
  • 建物を建築するにあたって、およその形状・面積を知りたい。
  • 土地の売却を考えていておよその面積を知りたい。
  • 土地の高低差や真北などを調査したい。

現況測量とは、現在ある建物や境界標、塀、柵などの構造物の位置を図面化するための測量で、土地境界に関しては立会いなどの確認を行わない、現状を知るための測量をいいます。

現況測量は、あくまでも現在の土地の状況をそのまま反映させただけの測量であり、土地境界については調査や確認を行わないため、算出される土地の面積は「現況面積」と呼ばれ、境界確認後の「確定実測面積」とは寸法や面積が異なってくることが多く、注意が必要です。

将来起こりうるかもしれない紛争を防止する意味でも、出来る限り、境界確認は行っておくべきでしょう。

土地境界確定測量

  • 所有する土地を売却したいとき
  • 相続税として土地を物納するとき
  • 土地分筆登記をするとき
  • 土地地積更正登記をするとき
  • 土地表題登記をするとき

土地の境界とは、人為的に区画された土地と土地の境のこと を言い、この境界を確定させるのが境界確定測量です。

一般に「土地の境界が確定している」と言えるためには、次の要件を満たしていなければなりません。

  • その土地の各境界点に永続的な境界標が埋設してあること。
  • 隣接土地所有者などの利害関係人がその境界線を確認した書面(境界確認書)があること。
  • 道路管理者との境界確定図があること。
  • 登記簿と現況が合致していること。
  • 境界点について現地復元能力のある地積測量図が、法務局に備え付けられていること。

言い換えれば、境界確定測量は上記の要件を満たすために行う測量とも言えます。
なお、境界確定測量は、現況測量とは違い、 隣接者との境界の立会い及び確認などの手続きが必要になります 。

※相談無料(専門的なご相談で有料業務が生ずるときは、事前に見積り金額を提示します)、お気軽にご相談ください。

メールてお問合せ

メール(フォーム)よりお問合せをお送り頂くと自動で控えのメールを返信させて頂きます。控えのメールが届かない場合はメールが送信出来ていない可能性があり、控えのメールが届かない場合はお電話にてご連絡頂けると幸いです。

携帯電話のメールアドレスをご利用の場合、控えのメール及び、後日担当からのメールが届かない場合が有ります。予め携帯電話の設定で「takashimaya-f.co.jp」からのメールが受信出来るように設定をお願いいたします。

携帯電話各社指定受信方法

リンク先をクリックすると、別ページもしくはタブにて開きます。

お問合せフォーム

お名前 (必須)

記入例:高島屋 太郎

メールアドレス (必須)

記入例:takashimaya@example.com
半角英数にてご記入ください。

電話番号

記入例:03−3379−8171
お急ぎの方は電話番号をご記入頂ければ電話にてご連絡させて頂きます。

メッセージ本文

確認画面は表示されません。 上記内容にて送信いたします。よろしければチェックを入れてください。メール送信後控えのメールが自動返信されます。控えのメールをご確認下さい。